Planner Blog

2016/11/10
pachi

東京で今注目のガーデンウエディングを調査☆旧細川侯爵邸(和敬塾本館)

 

 


話題の洋館 旧細川侯爵邸(和敬塾本館)ウエディングの分析


 

広大なお庭付き
憧れの洋館を1日1組独占できる
夢見たいな会場が 東京にあることをご存じでしょうか?

 

その場所とは、
「旧細川侯爵邸(和敬塾本館)」

東京都指定有形文化財認定
由緒あるこの場所で過ごす1日は
色褪せることの無い
いつまでも美しい思い出のまま
心に刻まれます。

 

派手な演出やサプライズも
要らない究極のウエディングの楽しみ方
心から感謝を伝えたいを方を招いて
ふたりの思いを届けます。

謙虚で控えめがすごくよく似合い
ごく普通のあたりまえの幸せに
ふわっと心が温まる


飾らなくても
価値を届けることのできる
唯一無二の世界とはこの事です。

 

私たち、ジュリアスローズは
この旧細川侯爵邸で結婚式のプロデュースを
頼まれています。

 

ウエディングプランナーとして
私の願いはひとつ。
もっとたくさんの人にこの場所の素晴らしさを
知ってもらいたい!

 

『旧細川侯爵邸(和敬塾本館)』


そんな願いを込めて、

旧細川侯爵邸のウエディングに関わる
ウエディングプランナー自ら の私が 
”今知っておきたいこと!” を調査をしてみました。


 ◇ 目次 ◇
・WEB口コミ評価がは・・・
・ウエディングプランナーのおもい
・この場所で結婚式を挙げるには?
・ウエディングのサービスを選べる自由
・ウエディング・プロデュース会社ってなに?
・プロデュース会社 2社の共通点
・ジュリアスローズが選ばれる理由


 

garden01

 


WEBの口コミ評価は・・・


 

早速、
印象と実態のギャップに驚かされてることに気づきました!
WEB投稿されている 某ブライダルの口コミサイトの
コメント内容が
思っていた以上に評価が渋い! ということ。。。苦笑

 

ジュリアスローズが掲載元ではない
過去の情報にはなりますが
情報 共有型のブライダル専門の口コミサイトです。
すごく魅力がたくさんある場所だけに
伝わっていないのはなぜだろう。
そうじゃないのに・・ どうしてそういうことになったのだろう・・ と
実際に現場でプランナーをしている
私がみても不思議に感じるご意見が
書かれていることがありました。

 

もちろん残されたコメントを元に
改善に努めているケースもありますので
真摯にうけとめ
より良い環境づくり
この場所に集まるすべての皆さまに
喜んでもらえるよう 日々精進しています。

 

 

%e9%a2%a8%e6%99%af-34-800x531

すでにご存じな方もいるはず
普段この場所は
いわゆる一般的な「結婚式場」ではありません。

結婚式場のように 
建物と同じ場所に
ブライダルの専用サロン(窓口)が
設けている場所ではありません。
もちろん、ドレスショップなど
結婚式に関わる準備がこの場所で
揃っているわけでもありません。

チェペルが併設されいるような
結婚式場ではないのです。

ここは、東京都に認可された
由緒ある「文化建築物」なのです。
本物の文化財なのです。

 

結婚式の希望の方のために
特別な許可をいただき
この文化建築物を
特別に貸し出してもらうのです。

 

専任のウエディングプランナーの
私たちが存在しないと この「文化建築物」での
ウエディングストーリーは始まりません。


この場所の魅力が活かされていない!
うまく説明ができていない!

 

反省させられるほど そう感じる記事の方がたくさん目に映りました。

この場所の結婚式の魅力をもっと正しく伝えたい。
私にとってもとても大切な場所だから。

ymi0875


ウエディングプランナーのおもい


ジュリアスローズが
この場所で結婚式プロデュースを
開始してから5年以上の月日が経ち
私もプランナーとして
この場所で幸せなひとときを
たくさん過ごしてまりました。

 

その結婚式はどれも丁寧かつダイナミック!です。
ただし、決して見た目の派手ということではなく
新郎新婦の心に宿る”器” の大きさが際立ち
その思い存分に受け止められる
建物のもつ魅力が
なんともいえない力を発揮しています。

 

言葉ではいい尽くせない魅力が存在しています。
興味をもってくださった花嫁に
新郎に
もっと時間を掛けて
この場所の事にふれ合ってもらいたいと感じています。

 

もちろん一目惚れはあるかもしれません!
過去にもそう感じてくださった カップルもたくさんいます。
ただ、一目で理解できるような
場所では無いってことを
それでもきちんと説明して行きたいのです。

 

「時間を掛けて」
ふたりの結婚式の価値と
この建物の持ち合わせる価値を
紡ぎ合って行きたいのです。
文化財のこの場所も
おふたりにとっての思い出も
焦らずともここでのウエディングは、
決して色褪せていくことはありません。
それがまた魅力だと感じます。
無理しないから、無理に変えないから
美意識を守られる文化ってあるはずです。
価値の高い場所だからこと
それは特に分かち合っていきたいところです。

 

私にとっても大切な場所だから。
この場所で結婚式を挙げられた夫婦にとって
特別な場所だから。
一緒に大切にしてもらえる方に届けたい。
私たちと同じ思いを感じ取ってもらえた方に届けたい。
安心してこの場所を利用してもらいたい。
素晴らしい結婚式を迎えてもらたい。

 

この願いは
この場所で結婚式が始まってから変わってません。
もちろんこの先
この思いがより強くなっていくことはあっても
変化していくことはありません。

 

 

0144onh0288-800x532


この場所で結婚式を挙げるには?


旧細川侯爵邸はもうひとつ名前があり
「和敬塾本館」とも言われています。
こちらは、
公益財団法人 和敬塾 の管理している
文化建築物であることから
「本館」という象徴的役割を果たしています。

こっからは
結婚式を予定している方向けのお話しです!

2017年現在、結婚式を挙げるための方法、をお伝えいたします。

旧細川侯爵邸でブライダルの相談窓口
をとして和敬塾に認可されている
ウエディングプロデュース会社が現在2社あります。

このプロデュース会社2社どちらかを通さないと
結婚式を挙げることはできません。

 

ひとつは、冠婚葬祭事業をされている

① ウエディングガーデン(株式会社 リベント)です。
企業情報  http://www.livent.co.jp/company/profile.html

 

私たちジュリアスローズは、
ウエディングガーデンさんの数年後に加わりました。

ブライダルフェアや見学会イベントの
取り組みにものすごい力を注がれていることが わかります。
ウエディングガーデン・プロデュースの会場情報サイト!
http://wedding-garden.jp/hosokawa/
プロデュース会社による公開情報です。

 

そしてふたつめは、我われ

② ウエディングサロン ジュリアスローズです。

我々の魅力は少数精鋭の
ウエディングプランナーチームです。
経験豊富なブライダルプロフェッショナルチームを
集結させることから始めるブライダルサポートは
新郎新婦自分たち本来の結婚式の希望はそのままに
おふたりのために集結したチーム力と愛情で
ふたりの結婚式をプロデュースしていきます。

これからの毎日の中で
思い返すたびに幸せを感じれるウエディング。
かけがえのない思い出をふたりと一緒に創造していきます。

ジュリアスローズ・プロデュースの会場情報サイト!

http://www.gardenwedding-juliasrose.com/

instagram

http://instagram.com/tokyo.hosokawatei_wedding

435_large


ウエディングのサービスを選べる自由


このプロデュース会社2社は
旧細川侯爵邸を管理をしている
公益財団法人和敬塾 主催の
年間行事のイベントで
毎年顔合わせる交流があります。

 

補足ですがじつは
ブライダルの世界では
同じ場所で何社もプロデュース会社が
入ってるこの文化は特別珍しいことではありません。

 

なぜなら
プロデュース会社が多数存在する場所では
お客様主観になりやすく
新郎新婦のメリットが多く存在するようになるからです。

新郎新婦は サービス選べる自由が与えられるのです!

 

 

特徴もサービスももちろん違うこの2社。
車のボディーのデザインは同じでも
積んでる道具は違う。
このような説明だとわかりやすいですよね。
自分たちにとっての楽しみ方や
目的に合わせて
好きな車を選んでいいのです。

 

 

あえて問題になりやすい事柄をあげるとすれば
機能と精度の違う会社が2社が同じ場所で
ウエディングをプロデュース していることによって
「情報の交錯」が原因で
数々の誤解や
隅々まで行き届かせることのできない
根付かないブライダル文化を
作ってしまっている
要因ができてしまう可能性があります。

 

 

なんとなく来店されたお客様の
感想や意見を伺っていると
私自身にも実直に
感じることはあります。

 

 

だけども、
その2社の性質の違いは、
「旧細川侯爵邸」に興味を
もたれた新郎新婦には
どちらを選ばれてもその決断は、

 

 

正しく誠実なものであることは
間違いありません。

 

ご安心ください。
両2社ともにブライダル業界における
実績がそれを物語っています。
「文化財」で結婚式を行うことのできる

許されし選ばれた会社2社の実力は本物です。
その実力を確かめる為にも
旧細川侯爵邸での
結婚式を考えるてみようと思った方は
両社独自で開催している
各社ブライダル相談会に参加して
両社ウエディングプランナーに直接合って
包み隠さず話を聞いてみる機会を
作るところから初めてみるといいと思います。

 

 

素敵な結婚式を挙げるために
会場の魅力の魅力はもちろんですが
実は結婚式準備において これから身近なパートナーとなる

 

〝ウエディングプランナー″ を探してみることの準備
 その重大さ、確かな実績にも気づいてもらえるはずです。

ymi0844


 ウエディング・プロデユース会社ってなに?


ところで
「プロデュース会社」ってなんでしょう?
ブライダルの参考書を元に説明をあげると
以下のような記載があります。

 

プロデュース会社とは
結婚式のプランニングや準備
手配代行などの仕事を請け負う会社のことをいいます。

 

結婚する二人の希望を聞き
それを実現するために会場探しや演出企画
各種業者の紹介などから
当日の進行までいろいろなことを
サポートしてくれます。

 

ホテルや専門式場では専属の婚礼担当者がいて
結婚式の演出や進行を行ってくれますが
レストランやガーデンなどの
従来結婚式用の施設ではなかったような場所では
結婚式を準備する専門のスタッフがいないことが多く
そこで、ウエディング専門のプロデュース会社が
結婚式のコーディネートをすべてしてくれるのです。
独自に会場を持っていたり
海外ウエディングをコーディネートしてくれたり
するようなプロデュース会社もあります。

結婚式のスタイルが多様化し
オリジナルウェディングが流行っている昨今
実に多くのプロデュース会社が存在し
これを利用するカップルも増えてきています。
料金は依頼の範囲や内容により異なってきますので
それぞれきちんと確認をすることをおすすめします。

ymm0016


プロデユース会社 2社の共通点


つづいては
旧細川侯爵邸(和敬塾本館)の
結婚式・ウエディングにおいて
所属プロデュース会社この2社に
共通して上がられることを調べてみました。
1 建築物(現地にあるものすべて)
婚礼会場として使用できる建築物の使用範囲。

 

 

2 料理&お飲み物
婚礼パーティに行ける料理とお飲み物の手配
管理元の和敬塾が準備しています

 

 

3 婚礼が開催できる 日程の確保
管理元和敬塾より婚礼日程を管理

 

 

その他の準備すべては
プロデュース会社の業務委託のもと
和敬塾とプロデュース会社が協力し合って
婚礼の管理体制を整えていきます。

 

 

新たなルールに成長を遂げて
この体制にまで進んできました。

 

すべては、 この場所で結婚式を挙げる新郎新婦のために!

 

 

まとめると、
2社で同じものをとり扱っているのは

・文化財建築 旧細川侯爵邸

・和敬塾で受け入れ、提供される料飲

・開催日程の確保

 

この3点だけとなったのです。
旧細川侯爵邸は年を重ねる度に
パワーアップしてきています。
環境こそ文化財ですが
この貴重な場所を貸し切って
おふたりの思い描く
オリジナルのウエディングスタイルを
創造していけます。

会場の持つ魅力と価値はそのままに
現在は
両プロデュース会社の色が
綺麗に順応しはじめ
ここに活きたブライダルの文化
「自由」な発想の結婚式の
波が押し寄せてきているように感じます。


多種多様なウエディングスタイルを可能にするため
プロデュース会社によって
その特徴や可能性を広げています。

 

新郎新婦からの期待もさらに
高品格なイメージに
高まってきていくことは
間違い無いでしょう!
444_large


ジュリアスローズが選ばれる理由!?


まだまだ会場事態の魅力を確かめたい人は
以下のURLをクリックしてください!
このページの後半にまとめています。 ぜひご覧ください。

ウエディングのスナップ写真印象的でキレイな写真が取れる方法とは!?
<http://juliasrose.com/torisetsu/7435>

ジュリアスローズは
フリーランスウエディングプランナーを
中心に 愛するウエディングのために
集結したプロフェッショナルな
ウエディングチームです。

 

ふたりの記念日1日を いかに大事に大切にできるか!

 

この思いで10年
ウエディングを プロデュースしてきました。

 

ウエディング当日は おはようの瞬間からはじまっている

 

パーティが終わりドレスを脱いで

1日が終わったホッとした表情も

すべて大切な瞬間

いつものリズムで

いつもの笑顔で

そしていつものふたりにはない ハッと心奪われるような表情も すべて残したい

すべての瞬間を そばで見守り 

一緒によろこびを抱きしめたい

あらゆるフォトジェニックな瞬間を

ふたりに贈りたい

「だいすきなふたりを記録する」ウエディング

きっとそれは何年先もずっと
ふたりの心に
みんなの心に
わたしたちの心に刻まれる風景です。

 

ジュリアスローズで結婚式を挙げた模様
【ウエディングフォトギャラリー】
どうぞこちらからご覧ください! ↓

http://juliasrose.com/gallery/one-day-wedding/

 

PHOTO BY esmare

JULIASROSE Wedding Planner PACHI

お問い合わせフォーム》http://juliasrose.com/contact/

WEDDING SALON JULIA’SROSE 
Facebook https://www.facebook.com/juliasrose.wedding
Instagram https://www.instagram.com/juliasrose.wedding
公式HP http://juliasrose.com